So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

母の日に

20135月27日

母の日のプレゼントを兼ねて
5月中旬に、母を連れて
久しぶりに銚子にお墓参りに行きました。
お天気にも恵まれ、気持ちの良い風に吹かれながら
ご先祖様のお墓参りを済ませた母は
少しほっとしたようです。

帰りの車の中で
何とはなしに母の若いころの話を聴いてみました。
高校を卒業した後、東京の文化女子学院に入学し
服装学を学んだ母。
「東京に残っていれば絶対にチャンスが来る」
と言ってくれた叔父のところで
芸能関係者の衣装などを縫うアルバイトをしていたようです。

子供の頃の母の思い出は
内職でいつも静かにミシンを使っていた姿。
その姿からは、母の東京時代の華やかさなどは
全く思いもよらないことでした。

「子供は親のほんの一部分しか見ていない」
「母には母のたどってきた歴史がある」
そんなことをふと思いました。
そしてそんな母の歴史の中には
もしかしたら子供の知らない母のすごさや能力
母の思いが隠れているのかもしれません。

実を言うと、子供の頃は
厳しくてちょっと苦手な母だったのですが
なんだか母の歴史をひも解いてみたくなった
お墓参りの1日でした。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。